スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【eBookJapan】8/18購入分ざっくり記録【4冊】

帝國の宦官/日野晶
出版社:ビーボーイ編集部
掲載誌・レーベル:
ビーボーイコミックスデラックス
ページ数:218ページ
電子版発売日:2017年08月10日
紙の本の発売2017年08月

各電子書籍立ち読み↓
🔸コミックシーモア🔹Book Live!🔸Renta!
🔹honto🔸eBookJapan🔹kindle🔸楽天kobo
📖8/23までバラ売り1巻無料!

純愛ですね。
子供の頃からの。
右弦皇子の、雀への気持ちが。
tnkとtmは取るけども。

tnkとtmは取ったけども…!!

去勢させることに関しては
本当に抵抗とかないのね。
妃にするために必要なことだとしても…
tnkとtm取るんだよ?(((´ºωº`)))ガクガク

望んで宦官になったわけじゃない雀。
すごく男らしくて。
情とかに弱くてすごく優しい男だった。

tnkとられるとか結構エグい話なはずなのに
エグさを感じさせないってすごいと思う。
改めて。(笑)

エロエロな甘々が盛りだくさん。( ´ω` )

修正は基本白抜き。
たまーに修正忘れ?っていう
tnkが出てくるけど。(笑)

大きなノイチと小さなヒナユキ/昨日みどり
出版社:ビーボーイ編集部
掲載誌・レーベル:
ビーボーイコミックスデラックス
ページ数:199ページ
電子版発売日:2016年03月24日
紙の本の発売:2015年12月

各電子書籍立ち読み↓
🔸コミックシーモア🔹Book Live!🔸Renta!
🔹honto🔸eBookJapan🔹kindle🔸楽天kobo
1話だけ読んだことあって
ずーっと気になってたお話。

ただただ、大きくて怖い顔の不器用ノイチと
小さくて可愛いのにちょっと男らしい
ヒナユキくんを、見守るだけ。(笑)

白抜きtnkのこすり合いはあったけど
最後までいったところは見れず。
それがちょっと残念。( ´-` )

最後までえっちしてるのは
読み切りのキラキラ後輩×地味メン先輩で。
キラキラお兄ちゃんが素敵だったなー。(*´ㅁ`*)

1冊丸々、ほんわかしてた。
ちょっと疲れたときとか、
癒されたいときに読みたい感じ。( ´ω` )

発酵青年/友江ふみ
出版社:ビーボーイ編集部
掲載誌・レーベル:
ビーボーイコミックスデラックス
ページ数:184ページ
電子版発売日:2016年06月03日
紙の本…

【eBookjapan】真夏のポイント50倍カーニバル【最終週】

eBookJapan夏のポイント50倍カーニバル


今回は、
・ビーボーイ編集部
・gateau
・GUSHCOMICS
の作品がポイント50倍!!


早速物色開始。

最高の小説家/藤河るり
昨日...!
買ったばっかり...!!(´ºωº`)

hontoでもポイント30倍だったの。
それ+20%オフクーポン使って
お得にお買い物できたと思ったの。
なのにポイント50倍って!!
しかも今日hontoから
30%オフクーポン届きましたの。
嬉しいよ?
ありがたいよ?
だけど...何故今日!!
そして昨日のあたし。
何故昨日買ってしまったのか。
(20%オフクーポンが昨日までだったから。)

っていうショックを朝イチで受けまして。

気を取り直して物色再開。

酷くしないで+3/ねこ田米蔵
これもか!!
貴重な50%オフクーポン使ったのに…!:(´◦ω◦`):

でもまあ...2冊とも修正の部分が満足だったし。
( ¯∀¯ )イイカ

他にも好きなのがいーっぱい。

愛されたって脱ぎません。/みなみ遥

アクマと契約/ハル

ねこねこダーリン・ねこねこハニー/楢崎壮太
月刊ねこねこ/楢崎壮太

獅子も拒まず【完全版】/桐祐キヨイ

衝突!★★作戦/ほむらじいこ

ゆるふわ後輩くんは、たまに強引/都みめこ

愛にできない恋はイヤ/花川ちと

オタ会長とヤンキー嫁/一川算

魅惑時掛け 甘い罠/ねこ田米蔵

ピンクとまめしば/倉橋トモ

ましたの腐男子くん/黒岩チハヤ

最高の小説家/藤河るり

出版社:海王社
掲載誌・レーベル:GUSH COMICS
ページ数:186ページ
電子版発売日:2017年08月10日
紙の本の発売:2017年08月

各電子書籍立ち読み↓
🔸コミックシーモア🔹Book Live!🔸Renta!
🔹honto🔸eBookJapan🔹kindle🔸楽天kobo
購入:honto

【あらすじ】
担当した作品は軒並みヒットさせる敏腕編集者の倉田。ずっと憧れていたベストセラー作家・円城寺尚の担当が定年を迎えるため、新担当になるべくパーティー会場でアプローチしようとしたところ、俳優顔負けのルックスを持つ美男子に遭遇…その相手こそが円城寺その人だった! ところが意気込む倉田に対して円城寺は「小説はもう書かない」と言い出す。その理由は「原稿を書きあげた後、興奮して誰彼構わず襲ってしまう」という円城寺の歪んだ性癖で―――!?



とんでもない性癖きたなー。(笑)

でもアレよね。
スポーツ選手とか
ヤンキー設定とかのときの
試合とかケンカが終わった後
熱が冷めなくて…みたいなアレ。

それのちょっと(?)ひどいバージョン。(°∀° )

倉田さんのことが好きなのに
強姦しちゃって。( ´-` )
自己嫌悪に陥って
『金輪際二度と書かない』
とまで言って真剣に謝ってるのに…

『原稿持ってきてください!』

が倉田さんの強姦された直後の第一声。
こわーい顔して。( ˙▽˙ )ワーオ

そして
『今後対策を考えましょう』
って。(*゚∀゚*)オトコマエー!

まあ、こう言えるのも倉田さんがずーっと
円城寺先生のファンだったっていうのと
円城寺先生のイケメンっぷりだよね。
やっぱり。
かっこよいものね。(´□`*)タハー

ただ、誰彼構わずって言ってるんだけど、
倉田さん以外の人との行為がなくて良かった。

ていうか、前任の山田さん。
定年間近のおじいちゃんだったけど…。
どうだったんだろうか。( ˙▽˙ )(笑)

本当は普通に倉田さんを抱きたいのに、
“仕事”でしか抱けないことに
葛藤する円城寺先生と、
円城寺先生に惹かれているのに、
これまた“編集としての仕事”のことを考えて
距離を保とうとする倉田さん。
(´・ω・`)オトナッテタイヘンネ


そんなふたりの葛藤やら何やら
大人な恋愛でした。\( ˙▽˙ )/(まとめが雑)

よく円城寺先生今まで訴えられたりしなかったな…

ランキング参加しています。

ポチッと頂けたら嬉しいです。(*´▽`*)